GTA5的ギャング生活の過酷な日常

私自身も一番大好きなGTA:SA
この中に出てきた最初の拠点がグローブストリートでしたね。
あの当時はCJはじめ、グローブストリートファミリーのシマだったわけです。
GTA:SAの時代設定が確か・・・1992年?そのくらいだったはずなので、GTA5はあれから20年近く経ったお話なんですね。

まぁ、そもそもGTA5は世界観的にはGTA4の延長線上であって、GTA:SAは架空のお話っていうか、パラレルワールド的扱いなので、直接の因果関係は無いって設定なんですよね。

GTA5には結構たくさんのGTA4からのキャラクターが登場しますからね。

しかし、マップはサンアンドレアスなのに、SAとか直接関係無くて、時系列はGTA4って、なんかややこしいですね。

 

とはいえ、やはりグローブストリートに行って、紫の集団が巣食っているのを見るのは切ないものなのです。

設定通りに考えると、SAは別次元のお話なので、もともとこの辺りはバラスのシマなんでしょうか?
グローブストリートファミリーは存在しない集団なんでしょうかね。

私はほとんどと言っていいほどGTA4にははまらなかったので、精神的にはGTA:SAからGTA5なんですね。
だからGTA5で初めてグローブストリートを訪れたときは感慨深いものがあったわけです。
んで、小生意気に駐車してあった紫のローライダーパクったったわけです。

緑に塗り替えてお前ら襲ったるからな!

 

というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です